29の日に大豆ミート

つくる・食べる楽しみも、自分や大切な人の健康、そして、地球と食の未来のためにもうひとつの選択肢大豆ミート

大豆は、日本人が古来から親しみ、食文化を育んできた食材。ずっと昔から食べてきた私たち日本人の身体は、大豆などの穀物に最適化されてできているんです。

そんな大豆を材料に作られた大豆ミートには、こんなメリットがあります

  • お肉と比べて…

    カロリー半分以下、
    脂質1/10以下(※)
  • 大豆由来の…

    食物繊維・アミノ酸
    たっぷり
  • お肉の代わりに使えて…

    お料理メニューは
    無限大
  • 美味しいとヘルシーって両立するんです♪

    食べ応えがあって
    美味しい
  • 生産過程での環境負荷が低く

    地球にやさしい

※粒状大豆たんぱく約30g(湯戻し後100g)と豚ひき肉(生)100gで比較 出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
※すべての製品に当てはまるわけではありません。

大豆ミート(代替肉)は、料理をつくる人、食べる人、そして地球にやさしい未来志向の食品。自分や家族、地球の課題を人まかせにしたくない、小さくても何かアクションしたいあなたへ、今日の1食から始められる選択肢があります。その1皿から未来は変えられる、ひとつひとつのアクションはささやかでも誇りにつながる。自分や大切な人の健康、地球と食の未来を守ってくれる強い味方、それが大豆ミート

ちょっととっつきにくい…/美味しい食べ方がわからない…

そんな疑問に、SnapDishがこの「29の日に大豆ミート」プロジェクトでお応えします!
「今日はお肉と半々で混ぜて“ギルトフリー(罪悪感なし)”」、「明日はお肉と置き換えて“ミートフリー”」などなど、楽しみ方はいろいろ♪まずは気軽に取り入れてみませんか?
周りの料理好き仲間とわいわいアイデア交換しながら、大豆ミートを美味しく楽しむ1年間をご一緒しましょう!

プロジェクト参加方法

参加のしかたはさまざま、どれかひとつ、1回からでも参加できます。「おもしろそう!」と思うことからアクションしてみてくださいね♪

「29の日に大豆ミート」プロジェクトとは?

第4のお肉として注目されている「大豆ミート」、暮らしの中で料理に向かう皆さんと一緒に、美味しく楽しく料理に取り入れて、食卓の選択肢をもっと豊かにしたい。
そんなSnapDishと大豆ミートメーカー共通の思いから、このプロジェクトは生まれました。
毎月29日(肉の日)の大豆ミートモニター&料理投稿企画をはじめ大豆ミートの食卓体験づくりによって、大豆ミートの食卓定着を推進します。

NEWS

もっと見る +

料理レッスン動画

次回29日のモニター企画

毎月29の日 連続モニター企画
         

9月は、ゼロミートの「餃子、鉄板焼きハンバーグ プレーンタイプ、鉄板焼きハンバーグ チーズインタイプ」を50名様に!

 

◎ゼロミート 餃子

動物性原材料不使用※1の餃子です。
家族に大人気の餃子で、大豆ミート※2を美味しくお楽しみください!
フライパンでふっくらカリっと焼き餃子にしたり、スープに入れて水餃子にしたり、アレンジもおすすめです。
国産のキャベツ・ニラのうまみと、大豆ミートの食感がおいしい、植物性の餃子です。

 

◎ゼロミート 鉄板焼きハンバーグ プレーンタイプ

動物性原材料不使用※1のハンバーグです。
ソース無しのプレーンタイプなので、和風や洋風などお好きな味わいでお楽しみいただけます。
サラダにのせるだけで満足感たっぷりのパワーサラダが簡単に作れます。カレーなどのトッピングにもおすすめです。
冷凍でストックしておき、食べたいときに電子レンジで袋のまま簡単に調理できるので便利です。

 

◎ゼロミート 鉄板焼きハンバーグ チーズインタイプ

動物性原材料不使用※1、チーズのような豆乳クリーム入りのハンバーグです。
ソース無しなので、和風や洋風などお好きな味わいでお楽しみいただけます。
温野菜に添えると豆乳クリームとの相性も良くボリューム感UP!カレーなどのトッピングにもおすすめです。
冷凍でストックしておき、食べたいときに電子レンジで袋のまま簡単に調理できるので便利です。

※1 動物性原材料とは牛肉・豚肉・鶏肉・卵・乳・はちみつなどの畜産物、魚介類を含む原材料を指します。
※2 本製品は大豆加工食品を使用しています。
* 本品は冷凍の商品となります。

詳しく見る >>

大豆ミート食卓白書